HOME>コラム>カタコトの会話から脱却したいなら通訳アプリを導入しよう

カタコトの会話から脱却したいなら通訳アプリを導入しよう

スマホとアプリ

翻訳アプリが役立つ場面

人間の仕事が人工知能ロボットに取って代わられ、人間がする必要がなくなっている職種があります。翻訳や通訳も機械化される分野の一つだと言われています。実際に通訳アプリも開発されていますし、利用したことのある人も多いでしょう。毎年たくさんの人が海外旅行に行きます。日本人が多い地域は日本語も通じますが、日本人のほとんど行かない地域だと言葉の壁が心配です。しかし、通訳アプリがあればまるで同じ言語圏の人のように意思疎通が可能です。海外出張の際も安心です。日本で困っている外国人観光客を見て、言葉がわからないために声掛けを躊躇いがちになりますが、アプリがあるとすぐに助けてあげようと思えます。また、自分が語学の勉強をする時にも通訳アプリは使えます。

タブレット

翻訳アプリの良い点を紹介

通訳アプリの性能はかなり良くなっています。もちろん不自然な日本語になっていることもありますし、逆に翻訳した言語が不自然な場合もあるかもしれませんが大体意味は通じます。日本語でテキストを入力し外国語に訳すことはもちろん、相手に話したいことを日本語でアプリに話しかけるだけで、指定する外国語に通訳してくれます。また、英語や漢字などは馴染みがありますが、全く字や読み方がわからない言語もあります。書くことも読み上げることも難しい場合はカメラに読み込ませて翻訳させるという技術まで開発されています。色々なテクノロジーを駆使することによって自然な会話に近くなり、アイコンタクトやちょっとした身振り手振りをする心の余裕も生まれ、よりコミュニケーションが楽しくなります。

広告募集中