ipadが人気になっているワケ

iPadは大きな画面をスマートフォン感覚で使うことができるので、出先で端末を必要とする方に人気です。特に営業職の方は、最新の商品説明資料や打ち合わせの資料をiPad内のデータで持ち歩くことが増えています。顧客に資料を見せるだけならパソコンほどの機能は必要なく、安価で軽量なiPadを使う人が増えています。

ipadのアプリで人気となっているコンテンツベスト5

男性
no.1

ニュースアプリ

最新の情報を手早く手に入れるために必要となるのがニュースアプリです。幅広いジャンルを取り扱うものや、過去の閲覧履歴からおすすめ記事を探してくれるものなどアプリ次第で様々な機能を搭載しています。

no.2

マンガアプリ

スマートフォンよりも大きな画面で楽しめる上に、紙のマンガを持ち歩く苦労もありません。移動中や待ち合わせなどの待ち時間に最適です。メディアによっては紙媒体よりも安く読めることもあり入れておいて損はありません。

no.3

画像編集アプリ

画像への文字入れなど加工をメインに行うアプリです。iPadで撮った写真をアプリで加工、ブログやSNSにそのままアップロードすればほとんどリアルタイムで加工が可能です。スマートフォンよりも難易度の高い加工をすることができます。

no.4

office系アプリ

iPadで一から文章を作らなくてもちょっとした編集をしたいときはあるでしょう。アプリを入れておけば問題なく資料の修正ができます。打ち合わせで使う資料はPDFが一般的ですがofficeファイルをそのまま使えば打ち合わせしながら資料更新が可能です。

no.5

メモアプリ

打ち合わせ中に端末でスムーズにメモを取るならアプリは必須です。文字入力はもちろん、手書きで注釈を入れたり説明用の図を描いたりとタッチパネルならではのメモの取り方ができます。打ち合わせ後はそのメモが議事録の代わりになります。

事前準備で決まる~ipadアプリ開発に必要な費用と期間~

端末

アプリ開発にかかる費用と相場

あれば便利なアプリも、作ろうと考えると大変です。単なるゲームの攻略情報を提供するアプリであれば、比較的簡単に作れます。持たせる機能次第ですが場合によっては何十万で作ることも可能です。決済処理や個人情報取得をするとセキュリティの難易度が一気に上がります。その難易度はそのまま価格に跳ね返ります。自分でショッピングサイトを作ろうとすると一千万円を超えても珍しくありません。もちろん開発方法で費用を低減することは可能ですが、どんなアプリでも数万円でサクッとできるものではないと覚えておきましょう。

スマートフォン

アプリ開発をするのに必要な期間

期間の決定要素になるのは機能数、画面数とその難易度です。難しい機能ばかり搭載するとどんどん期間が伸びていきます。アプリ開発は作るだけではありません。どうやって作ると最適か考える期間や、きちんとできているか試験をする期間もアプリ開発の中に含まれます。具体的に作りたいアプリが決まっているのなら、そのアプリに使う機能と画面の詳細を箇条書きレベルで整理した後、見積もりを依頼すると目安の期間を知ることができます。

アプリ開発には計画性が大事

iOSもiPadも進化が早く、開発に半年もかかっていると次のバージョンが発売されてしまいます。バージョンアップの内容によっては開発をはじめからやり直すレベルの変更を入れなければなりません。開発はできるだけ短期間に行い、新しいバージョンが出てくる時期は避けましょう。

[PR]
ipadのアプリ開発を業者に頼もう
対応実績を豊富に公開☆

[PR]
通訳アプリを導入!
外国人観光客に向けたサービスをはじめよう

広告募集中